メカニズムを把握して50代の薄毛を防ごう

成人男性の5人に1人以上

鏡を見るメンズ

薄毛の原因はM字型やO字型に症状が進行する事が多いAGAが非常に多いですが、ひこう性・脂漏性・圧迫性脱毛症など脱毛症にも種類があるので、それぞれの症状に適した治療を行う必要があります。また、発毛剤の中では副作用のリスクがない育毛剤や、発毛効果が認められているミノキシジル配合の発毛剤が人気です。

医療機関での発毛治療

頭部

大阪のAGAクリニックでは、AGA治療薬を使った発毛治療と植毛による発毛治療が受けられます。AGA治療薬による発毛治療は植毛よりも料金が安く、薬を塗るだけで毛が生えてきます。毛が全くない人は人工毛植毛の施術を受けることで次第に毛を増やせるでしょう。

50歳以降のAGA対策

メンズ

AGAのメカニズムを知る

AGAが進行するメカニズムは代謝の衰えと脱毛原因である男性ホルモンの影響と言われています。男性ホルモンそのものは問題ないのですが、還元酵素が加わることで脱毛のシグナルを出します。男性ホルモンであるテストステロンは本来、髪の生産に関わっていますが、還元酵素である5αリダクターゼが結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、薄毛を進行させます。DHTは毛穴から出る皮脂(角栓)として毛穴を塞ぎ、髪の成長を鈍らせます。50代を超えると還元酵素の5αリダクターゼの生産量が多くなり、テストステロンと結合しやすくなります。また、50代からはテストステロンの生産が少なくなるため、そもそも髪の生成が鈍くなり、薄毛が進行すると言われています。薄毛のメカニズムを知ることが薄毛対策となります。

AGAを改善する方法

50代からの薄毛は代謝の衰えが大きいと考えられ、代謝を高めることで薄毛の改善が期待できます。薄毛は遺伝的要素が高く、早い人では20代前半から進行すると言われています。50代になって薄毛が進行するのは、ある意味自然なことですが、本人にとっては深刻な問題でしょう。50歳前後になると皮脂腺からの皮脂分泌が過剰となり、毛穴を角栓という物質が塞ぐことで髪の成長を鈍らせ、ヘアサイクルを短くすることで徐々に薄毛を進行させます。洗髪時に頭皮を揉むように洗い、角栓化した皮脂を洗い流し、しっかりとすすいでからタオルドライするように意識しましょう。その後、育毛剤を使用し、軽くマッサージして有効成分を浸透させます。正しいヘアケアにより毛乳頭へ育毛成分をアプローチさせ、血行を良くすることで代謝を上げることが可能なため育毛効果が期待できます。

髪が薄くなる理由と対策

頭を抱える男性

薄毛の原因は、遺伝や間違ったヘアケア、男性ホルモンの影響など様々です。特に男性に多い男性型脱毛症は特徴的な薄毛になってしまいます。改善するためには食生活やアルコールの摂取の仕方など生活全般を見直すことが大切です。